オリンピックにボランティア参加しよう!

2020年東京オリンピックにボランティア参加したい方に向けて、2016年リオオリンピックの準備、現地の様子をレポート。プロフィールはコチラhttp://5rin.masae3.com/entry/2016/09/24/171200

平昌オリンピックボランティアだより5

前回の記事はこちらから

5rin.masae3.com


オリンピックボランティアの募集要項については、以前もブログでご紹介したことがありますが「10日以上連続して働ける方」とあります。それは、10日間お休みがなく働きっぱなしという訳ではなく、休暇もあります。

ボランティアの休暇については、チームリーダーが調整するため、競技日程などを確認しながら割と直前になって決まることもあります。10日間の方は1〜2日、14日間の方は2〜3日お休みをいただけるのが一般的、お休みの日の過ごし方1番は「競技観戦」2番は「市内観光」3番は「選手村など、ちょっと特別な場所を訪問」でしょうか。

平昌でオリンピックボランティアとして、アイスアリーナで活躍中の志帆さんから、お休みの日の過ごし方についてレポートが送られてきましたので、ご紹介いたします。志帆さんは1回目研修期間と開会式までの間は足を伸ばしてソウルへ、2回目は選手村の入り口まで、3回目は競技観戦とメダルセレモニー、4回目は市内観光に出かけたそうです!すごい、お休みの日もアクティブ

冬季五輪で一番人気のフィギュアスケートが開催されるアイスアリーナにて活躍中の志帆さんですが、実は観るのが好きなのはノルディックスキーのこと。お休みの日はココにいらしたとか。

f:id:olympicvolunteer:20180222162720j:plain

やっぱりスキージャンプ場で過ごされていました!そして、渡部曉斗選手が2位入りする場にいらっしゃったというのです。

オリンピックはどの競技を見ても、生のその迫力に圧倒され、誰がメダルを取っても、その場に居合わせるだけでもらい泣きしてしまいますが、やはり自国の選手が表彰台に上がると嬉しいですし、泣いちゃいます。

夏季五輪では、決勝戦が終わるとすぐに表彰式がその場で行われるのですが、冬季五輪ではメダルセレモニーは、メダルプラザという別会場で行われるのだそうです。理由は天候や寒さ対策ということですが、その場でメダル授与が見られないのはちょっと残念。

f:id:olympicvolunteer:20180222164930j:plain


競技によっては、競技会場からメダルプラザまで距離があるからか、この日は志帆さん、メダルプラザには行かれなかったようですが、別のお休みの日に行って来られたようです。写真はスピードスケート女子1000mの授賞式のようですね!小平奈緒選手高木美帆選手、そしてオランダのヨリン・テルモルス選手。

f:id:olympicvolunteer:20180222165641j:plain


ちなみに割と良い場所でバッチリ写真が撮れているのは、並んでいるときに前の人に「次、日本人だからその時だけ写真撮るのに前に行かせて」と頼んだからとか。志帆さん、すごい!

メダルセレモニーだけ別の場所でするのは、少し不思議な感じもしますが、複数競技のセレモニーが全部見られて、それはそれでオリンピックらしいですね。

最後に、夜のジャンプ台

昼に見ても圧倒されますが、夜は美しいですね。ホンモノはもちろんもっと大きく、もっと美しく見られるのでしょうが、現地からたくさん話題と写真を送ってくれる志帆さんに感謝です。残り数日もお身体に気をつけてください!

f:id:olympicvolunteer:20180222162405j:plain



平昌オリンピックボランティアだより4

前回までの記事はこちらから

5rin.masae3.com


昨夜はスケート500m小平菜緒選手の金メダルに泣きました!何が素晴らしいって宿敵同士、小平選手と李選手の友情です。なんだかんだ言いつつも、個人レベルでは仲の良い日韓。私の知人も「日本人と韓国人の選手はいつも仲良いし、応援しあってる」と言いますが、個人競技でライバル同士が寄り添うのって、新鮮です。

平昌五輪も2週目に入り後半戦といった雰囲気ですが、今日もアイスアレーナにてオリンピックボランティアとして活躍している志帆さんのレポートをお伝えいたします。

f:id:olympicvolunteer:20180219222702j:plain

フィギュア男子フリー走行の前のウォームアップ。実はこの後、志帆さんは大変な思いをされていたというのです。

話は遡って数日前、彼女のレポートでは会場にゴミを残して帰る人が多い中、必ずゴミを持って立ち去る日本人の清潔さ、礼儀正しさに「日本人として嬉しい、誇らしい」とおっしゃっていたのです。それが、ここ数日は「もう日本人のマダムがコワい」とおっしゃるではないですか。

f:id:olympicvolunteer:20180219222937j:plain

何があったのかというと、羽生結弦選手の追っかけ(?)として現地入りされている日本人マダムの中に、マナーの悪い方が多く現地で多くトラブルになっているというのです。

文化の違いなのか、自国選手見たさなのかは分かりませんが、オリンピックの会場では“チケットが全て売り切れている”のに、空席が目立つ時があります。私がリオで見にいったテニスの試合も、チケットは全て売り切れているのに、マーレー選手の試合時以外はガラガラという場面がありました。だからと言って、自由に席を移動していいということはありません

競技が始まってからチケットの持ち主が遅れて会場に来られたりすると、自分の席に誰かが既に座っていたら驚くでしょうし、トラブルにもなりかねません

アイドルのコンサートとは違い、オリンピックの競技場内にはセキュリティ(警備)の人はいませんので、勝手に席を移動したり、通路に座り込んだりするお客様にも会場案内係のボランティアが対応します。

激増する日本人観客、対応する会場案内係の日本人は2人のみ。ついに志帆さん、マネージャーでもないのにインカム(場内で使用できる無線、通常はマネージャー以上の役職者が携帯)を持たされてしまったようです。

志帆さん:「チケットをお持ちですか?このお席でない場合は、自席にお戻りください」
マダム:「ゆづが終わったら移動するから!」
志帆さん、リーダーに報告
リーダー:「この人たちさっきタナカさんが終わったらって言ってたから!このままだとウノさんが終わるまでと言い出すから!」
志帆さん:「上からすぐにと命じられておりますのでお願いできますでしょうか…」
マダム:「うるさいわね!終わったら素直にどくんだから!」
    「他の人には注意したわけ?なんでわたしだけ!
志帆さん、リーダーに報告
リーダー「言うこと聞かなかったら警察呼んでご退場いただきますよって言っていいから」
志帆さん、マダムにリーダーの意を伝える
マダム「わかったわよ!ひどい!オリンピック委員会に報告するからね!」

私たちが金だ、銀だ!とテレビを通して感動していた客席では、このような会話が延々と繰り広げられていたそうです(涙)

私はリオ大会で客席を担当する仕事はしていなかったし、観客としてチケットを買って見にいった卓球男子団体決勝戦でも(試合終了後に中国人がドドドーっと前列に押し寄せてきましたが)ここまで殺気立ってなかったので、この話を聞いてとても悲しく思いました。。。

前回の記事でも書きましたが、そもそも日本人観客が増えるとわかっているアイスアリーナに、日本人ボランティアが2人しかいないと言うのも問題ですが、観客の方も「韓国まで行って観戦しているのだから、前の方で見たい」お気持ちは重々分かりますが、ボランティアに当たるのはお控えいただきたいと思います。

最後に志帆さんから一言、
「あ、でも、最後に“ボランティアの皆さんのお陰で楽しめました”と言ってくださるステキなマダムもいらっしゃったことは忘れずに記載しておきます!」

毎日いろんなところでもみくちゃにされながらも、時には朝5時半起き、夜中1時半就寝でたくましく働く志帆さん。いつもレポートありがとうございます。残り1週間も、身体にお気をつけてください!

下の写真は、羽生選手にプレゼントとして投げ込まれたプーさん達専用車。激しい1日の後の、ほっこり。(志帆さん談)

f:id:olympicvolunteer:20180219230553j:plain


次回は、ボランティアお休みの日の過ごし方についてレポートいたします。



平昌オリンピックボランティアだより3

前回までの記事はこちらから

5rin.masae3.com


羽生結弦選手の2大会連続金メダル、そして宇野昌磨選手とのワンツー表彰台。盛り上がりますねー平昌五輪。

超大盛り上がりのアイスアリーナでオリンピックボランティアをしている志帆さんから、活動の様子がレポートで送られてきました!羽生選手の競技中は忙しすぎ過ぎて、ほとんどスケーティングを観ることは叶わなかったそうですが、練習はバッチリ観ることができたそうです。うらやましー。

f:id:olympicvolunteer:20180218134613j:plain



志帆さんが割り当てられたのは、イベントサービスチームで観客の会場案内などが主な仕事となります。競技場で働くボランティアの中ではもっとも数が多く、仕事内容も多岐に渡ります。入り口でチケットをチェックしたり、席にご案内したりするのが主な仕事のはずですが、平昌では観客同士のトラブル解決や、競技終了後にアイススケートリンクにプレゼントを投げるお仕事も担っている(笑)そうです。

公開練習の時にはバッチリ競技も観られたそうですが、男子SP・フリーの際は一部のボランティアに仕事の負担が多くのしかかるという問題点もあったそうです。彼女がこれまでに気づいた課題としては、、、
チームリーダー(韓国人)が英語でコミュニケーションできないため、チーム内の外国人ボランティアと意思疎通ができない
・チームの外国人ボランティアの多くが韓国語を話せない
観客は韓国人と日本人が多いため、韓国語・日本語を話さない会場案内チームのボランティアは仕事が少なくなり、競技中に椅子に座る、ボランティア同士で話す、などモラル低下が目立つ
・一部のボランティアが機能しないため、それ以外のボランティアに仕事が偏る

チームリーダーとチームメンバーが意思疎通できない、というのがおそらくもっとも大きな問題だとは思いますが、中には志帆さんのように英語も韓国語も堪能というボランティアがいるのでもっとうまくスタッフを活用すれば必要最低限のコミュニケーションはできるんじゃないかな、と思います。

韓国語ができない外国人ボランティアにしても、案内に必要な言葉くらいは覚えてもいいんじゃないかなーと思います。想像するにイベントサービスボランティアが必要なフレーズは10個もないんじゃないかな。。。
・こんにちは、チケットを見せてください
・案内(ヘルプ)が必要ですか?
・あなたの席はここ(あちら)です
・あなたの席はここではありません
・トイレは○階です
・少しお待ちください
・韓国語が話せるスタッフを呼んできます

もちろんこれだけでは十分から程遠いでしょうが、これくらいなら1週間で覚えられないかな、と。

今回の志帆さんのレポートで気づいたのは、競技ごとに観客も変わるということです。リオでも7人制ラグビーはフィジー、ヨーロッパからの観客が目立っていましたし、卓球は競技場内の半分以上が中国からの観客で埋めつくされていました。イベントサービススタッフに多言語・外国人ボランティアを起用するなら、特定の国籍の観客が集まりそうな競技場で採用するなど、調整があるといいですね。

しかし志帆さん、朝5時起き後出勤〜23時過ぎシフト終了1時半帰宅と超ハード!もちろん毎日じゃないでしょうが、大変だわー。毎日細かなご報告をくださるのは嬉しいのだけど、お身体大事にして欲しいです!

楽しい大会の裏側的なストーリーの多い今回のレポート、次回は大会を観客として観る人々のマナーについて触れたいと思います。

次の記事はこちらから

5rin.masae3.com


平昌オリンピックボランティアだより2

前回までの記事はこちらから

5rin.masae3.com

開幕早々、日本勢のメダルラッシュに湧く平昌五輪
職場のテレビもここぞ、という試合の際には大活躍中です。毎朝、当日の競技スケジュールがメールで送られてくるので、細かくチェックしている職員も少なくないようです。スノーボードハーフパイプ決勝戦の際は、平野歩夢選手の滑走時に加え、ホワイト選手の滑走時にもテレビを食い入るように見つめ、みんなで応援していました。

さて、ブログを通じて仲良くなった志帆さんのボランティアレポート。私の周りのオリンピックボランティア経験者が全滅になったという狭き門だけに、貴重なレポート内容は何よりも私がいつも楽しみにしているのですが、今回は開幕前のインフラとトレーニングについてご紹介いたします。

f:id:olympicvolunteer:20180217171419j:plain

夏季五輪とは異なり、トレーニング中も含め宿泊場所が提供される冬季五輪。無料とはいえ、競技場から宿泊場所までの距離が相当問題になっているようです。勤務にあたるベニュー(競技場)でのトレーニングに参加した志帆さん、行程は片道1時間もかかる上に、バスの本数が少なすぎてトレーニングに間に合う12時発のバスに乗れず、、、次のバスにも乗れなくて、、、午後3時のバスにやっと乗れたそうです。

オリンピック専用道路や交通機関は通常、開幕2週間前の選手村開村から閉会式3日後くらいまで動くのが原則です。リオ大会でも私がリオ入りした開幕1週間前には、既に専用バスが10分おきくらいに走っていて、とても便利だった記憶があります。リオではやや多すぎだった感がありますが、1時間半に1回のバスというのはいくらなんでも少なすぎ。

東京はもともと交通網が網の目のように整備されていますから、同じ問題は起きにくいとは思いますが、専用バスが必要な山間部や一部ベイゾーンはぜひとも改善していただきたいですね!

ちなみにボランティア場所への通勤が片道1時間というのも、リオでは結構当たり前でした。本来なら電車で10分、駅から競技場まで5分という場所でも、セキュリティの関係で駅に近い入口が使用できなかったり、専用バスなどでしか入れないことも多く、遠回りをするケースも多くありました。普段、東京に住んでいる人たちは「時間に余裕を持った行動」がオススメです。

f:id:olympicvolunteer:20180217172742j:plain


そんなこんなで、半日かけてようやく研修が行われるアイスアレーナに到着した志帆さん、大幅遅刻で外国人グループ専用のトレーニングを受けられなかったため、韓国語でトレーニングを受けたら、トレーナーが「お客さん同士で言い争いが始まったら、止めようとしないで、無線で担当の上司と警備員にまず報告しなさい」っていう説明をする際、例えで「日本の選手が勝ったりしたらムカつくでしょ?それを態度に表したら日本からケンカ売られるから、バトルが始まるじゃない?そういう関係が他の国でもあるわけ」っておっしゃるなど、平和の祭典オリンピックとは思えない言動が。。。

韓国の方って私も同僚として一緒に働いたり、オーストラリア在住中に知り合って仲良くなったりしていますが、実際に会ってみると「日本大好き、日本人大好き」という方が多く、面倒見の良い礼儀正しい人が多いイメージ。それでも実際に日本人と接したことがない人たちは「日本人は戦争責任も取らず、悪いやつらだー」と教育されているからか、”敵意丸出し”という方が多いのも事実。

しかし個人の思いはあれこれあったとしても、平昌五輪組織委員会が開催する公式トレーニングでこのような発言をトレーナーがするというのは、個人的にはがっかりです。その場に居合わせた志帆さんは良い人なので、ケンカにはならなかったようです(素晴らしい!)が、私なら皮肉の一言でも言ってしまったかも。。。(汗)

そうは言っても、日本にもまだまだ国別で差別する人も中にはいらっしゃいますし、そんな方がトレーナーになることもあるかもしれません。このような発言はコンプライアンス違反になるし「日本人は差別民族」と言われないように、人選・トレーニングには気をつけて欲しいですね!

今回はちょっとイヤな話題もありましたが、次回はいよいよ開幕!お仕事スタート編です。大人気のアノ方の写真もありますよ〜


平昌オリンピックボランティアだより1

ブログを通じて仲良くなった志帆さんから
平昌オリンピックボランティアだよりが送られてきたので
ご本人に了承をいただいた上で、かいつまんでアップします。


f:id:olympicvolunteer:20180217160013j:plain(写真左が志帆さん、2月1日から現地入り)

平昌五輪がスタートしました!

開会式は平日夜とあって家にテレビがない私でも、職場で仕事をしながら観ることができました。これまで私のデスクの近くにあったテレビ。
何に使われるのか不思議でしたが、そういう使い方があったか!?
(オリンピック観戦のためのテレビかどうかはわかりませんが、、、)

翌日は井の頭公園のパブリックビューングに出かけましたが、その時の記事は別にアップします。

平昌五輪のボランティアには、応募した知り合いの日本人全滅とあり、かなり狭き門という印象です。実際には外大連合&早稲田大からの大学生120名に加え、東京オリパラ組織委員会から数名が出向として現地入り。一般応募を経て選ばれたのは数名(志帆さん情報)のようです。

ちなみにその狭き門をくぐり抜けて参加された志帆さんはスポーツウェアメーカー、デサントで働く若き国際人。韓国語と英語を自由に操るマルチリンガルでもあります。デサントはオリンピックスポンサーではありませんので、大学生時代からの夢を叶えるべく、休暇を取ってオリンピックボランティアに参加されたんだとか。会社もそうですが、快く送り出してくださるチームの方も素敵ですね。

夏季五輪とは異なり、研修中も含め宿舎が提供される冬季五輪。志帆さん達は研修中、延世大学原州キャンパスの寮に滞在していたそうです。アメリカの大学寮もこんな感じだったので、寮って世界共通似た作りなのでしょうか。。。

f:id:olympicvolunteer:20180217161558j:plain

 

研修は2日間に渡って行われたようです。詳しい内容などはまた、帰国後に志帆さんに突撃レポートしたいと思いますが、トレーニング内容はテキストも含め、かなりしっかりしている様子。

f:id:olympicvolunteer:20180217161908j:plain

f:id:olympicvolunteer:20180217161935j:plain

オリンピックの魅力は、普段なら馴染みがないようなスポーツのことも学べることですが、こういったボランティアをきっかけに競技にも興味を持つ人が増えるといいですね。

初めの寮で同室になったのはイタリア人の方だったようで、スタートから国際的。いいな、楽しそうだなー。開催前からワクワクしてきます。

f:id:olympicvolunteer:20180217162729j:plain

2日間のトレーニングが終わったら、制服ピックアップを経て、大会中に過ごす寮へ移動。受け取りに行く途中にも、いろんな人と出会っては仲良くなる志帆さん(笑)歩きながら作った外国人同士の共通語はなんと、韓国語だとか。

f:id:olympicvolunteer:20180217163424j:plain

ユニフォーム受け取りはチェックイン→試着してジャケット、パンツ、ミドラー、ブーツのサイズを選ぶ→リュック、帽子はフリーサイズ、グローブはプロが手のひらを見ただけでサイズを教えてくれて、インナーシャツは普段のサイズを言うだけ。
だいたい試着→受け取りまで15分。(←これはめちゃ早い方みたい。マイナス20度近い屋外で2時間近く待たされた方もいるので、もう少し改善の余地はあるかも。日本の五輪の課題ですね)

以上、志帆さんのレポート原文ママです。
過去大会ボランティア経験者の方から聞いたのですが、ユニフォーム受け取りプロセスはロンドン大会の際に確立され、その後ほとんど変わらず同じプロセスだそうです。

ちなみにユニフォームの受け取りは、リオでも混雑時には2時間待ちということもあったようです。トレーニングと同様、ユニフォームの受け取りについても事前にインターネットポータルを通じてピックアップ時間を「予約」します。日時ごとのピックアップ人数の制限があるため、みんなが予約した時間通りに来ていれば特定の時間に集中しないハズなんですけどね。。。

そういう私も飛行機到着の時間が大幅に遅れたため、ピックアップには予定より2時間ほど遅れて行きましたが、志帆さん同様ガラガラで20〜30分でピックアップできました!

さて、次回はいよいよベニューでのトレーニングの様子です。志帆さんの勤務地はなんと、、、、アイスアリーナ!!!うらやましー。フィギュアスケートの会場です。ネットでは2000人のボランティアが早くも離脱したと報道されていますが、代わりに行きたいですーー

続きはこちらから

5rin.masae3.com

東京2020ボランティア募集スケジュールがついに発表!

今年夏頃からスタートするとされていた、オリンピックボランティアについて、募集&選考スケジュールを含む詳細情報が1月26日に発表されました。

f:id:olympicvolunteer:20180127122059p:plain

tokyo2020.jp

 

詳細は上記リンクの公式サイトよりご確認いただけますが、募集要項の発表は7月下旬頃、応募受付開始は9月中旬頃、とあります。これまでのオリンピックボランティアは「自分の仕事場所や仕事内容が決まるのは大会開催の1ヶ月前」だったのが、2020年3月〜役割通知とあるように、かなり前もって通知されることがわかります。

ボランティア参加者から見ると、日に日に高騰するホテル価格を見ながらどこの会場でボランティア活動をするのかわからないままやきもきするより、早めに宿泊場所を確保できるのは助かりますね!

さて、東京2020大会にはいったい何万人くらいの方がボランティアに応募されるのでしょうか。引き続きボランティア情報については皆様にいち早くご提供できるようにウォッチしていきたいと思います。

 

f:id:olympicvolunteer:20180127122215p:plain




平昌五輪聖火ランナーに泉ピン子さんとシンクロ武田美保さん

聖火リレーに関する前回の記事はこちら

5rin.masae3.com

 
平昌五輪開幕までいよいよ1ヶ月を切り、五輪情報が少しずつ新聞を賑わせるようになってきましたね!先日東京2020聖火リレーについて記事を書きましたが、平昌五輪の聖火ランナーとして泉ピン子さん、武田美保さんが参加すると、本日付のニュースで発表されました。

お二人は2017年9月よりスタートした、東京2020大会の聖火リレーのコンセプト検討を担う「聖火ランナー検討委員会」の委員としても活躍されていますが、極寒の韓国ソウル市内を今月14、15日に走り大会へのリレーを繋げるとのことです。

2人の走行の様子は、平昌大会の公式ページでもライブ配信されるそうです。

www.sanspo.com