読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オリンピックにボランティア参加しよう!

2020年東京オリンピックにボランティア参加したい方に向けて、2016年リオオリンピックの準備、現地の様子をレポート。プロフィールはコチラhttps://www.facebook.com/masae.sinjo1

小学校でオリンピックボランティアについてお話会

f:id:olympicvolunteer:20170226173759j:plain
みんなで"Over there!"

東京都品川区の鮫浜小学校でオリンピックボランティアについてお話会をしてきました。

東京ボランティアナビの対談を見たと、ホームページからご連絡をいただきこの講演が実現。対象は小学生とのことで、普段大人向けの講座や講演をする私にとっては初めての体験でちょっと不安。

5rin.masae3.com


そうしたら、小学校の教頭先生方が英語講座を受けに来られたので、ちゃっかりアドバイスをいただいちゃいました!
小学生とは言っても5年生と6年生ですから、もう結構オトナっぽい子もいるでしょう。私がそのくらいの頃は「子供扱いされるのがイヤ」だったので、通常の講演内容を大きく変えないで準備しました。

f:id:olympicvolunteer:20170226181204j:plain

懐かしい小学校の下駄箱

この小学校は英語に力を入れていて、1年生から英語の授業があるとのこと。1年生の教室の前を通ると、ALTの先生とHow many times did you go? Once? Twice?の質問にThree times.と会話が聞こえてきました。

Good morning. How are you?May I help you?などは発音も含めて完璧。そうなるとちょこっとでも新しいことを覚えて欲しくなるのが私。

鮫浜小学校の近くには、東京五輪でホッケー会場となる大井ホッケー競技場があります。街でWhere is the hockey stadium?と聞かれた際、詳しく説明するのが難しくても「あっちの方向です」だけは言えます。そんな時は笑顔でホッケー会場の方角を指してOver there!

準備してきたプチ英語レッスンじゃ物足りないかな、と不安になりましたがOver thereは知らなかったみたいで喜んでもらえました。ホッ。

f:id:olympicvolunteer:20170226181403j:plain

階段を登りながら英語も学べます

小学校の授業時間中ですから、質問タイムも入れて50分。少し短めではありましたが、時間をちょっとオーバーするほどたくさん質問もいただきました。

3年後は中学生になる彼らからは、
何歳からボランティアできますか?
・どんな有名人と会いましたか?

f:id:olympicvolunteer:20170226181254j:plain
学校に入ったら即、校長室に呼ばれる!


学校で聞いたことなんて大人になったらほとんど忘れているものかもしれません。でも、今日の講演で海外のことやオリンピック、ボランティアに興味を持ってくれる子が一人でもいたら嬉しく思います。

オリンピックボランティアの面接を受ける①

これまでのお話はこちらから

5rin.masae3.com

 
英語テストが無事終わったら、次は面接テストです!
リオ五輪の際は最大3回の面接テストがあったと聞いていますが、平昌五輪では今のところ1回という案内。

そろそろ案内があるかな、と思っていたらメールが来ました〜

「外国人ボランティアの面接は2017年2月9日にスタート、2017年3月18日までとなります。(面接開始日はポジションによって異なります)」

f:id:olympicvolunteer:20170207194803p:plain

「外国人ボランティアの面接について詳しくは、1月26日に送付したメールに記載されています」とあります。

こちらが1月26日に受け取ったメールです。

f:id:olympicvolunteer:20170207221254p:plain

f:id:olympicvolunteer:20170207221259p:plain

・面接の予約は3日前までにポータルサイトから行うこと
面接はskypeで行われるので、面接時間の10分前までにパソコン前に待機すること
一人の面接官は最大4名の人と面接を行う
・面接に受かった人は2018年1月からトレーニングを受け、その後に仕事に割り当てられる
面接は英語か韓国語のいずれかで行う
結果は4月にメールで連絡する


やはり面接は1回のみのようです
ドキドキしてきました!

5rin.masae3.com

 

続きはこちらから

英語テストの結果がでましたー

これまでのお話はこちらから

5rin.masae3.com

 

先日、度々のトラブルがありながらも、タイムリーなヘルプデスクの方のサポートのおかげで受けられた平昌五輪の英語テストの結果。
スピーキングテスト受験から48時間以内に結果が出るとのことでしたので、チェックしてみると・・・

f:id:olympicvolunteer:20170207182832p:plain

 0点!?
ゼロ点!!!

ま、マイクが入ってなかったのかな・・・
いや、でもスマホだからそもそも「マイクオフ」ができません・・・

というわけで、三たび、いえ四たびでしょうか、ヘルプデスクにメールにてお問い合わせのメールを送ったところ、いつもの通り翌日には返事をいただきました。

こちらが問い合わせのメール
「お手数ですが、テスト結果が0ポイントと表示されている原因についてお調べいただけますか」と締めくくりました。

f:id:olympicvolunteer:20170207183909p:plain

そしてこちらが回答でいただいたメール。
古いテスト結果(システムエラーが出て時間内にテストが受けられなかったた)が表示されているので、(最後の結果を)採点するようにリクエストを送りました。

 (もしシステムエラーなどで)録音音声にエラーがあるようであれば、もう一度スピーキングテストを受けられるように手配します」

f:id:olympicvolunteer:20170207183946p:plain

おお!
なるほど、安心しました。

そして待つこと更に1日。。。

なんとご丁寧に「テスト採点が終わりましたよー」とメールを送ってくれました!

f:id:olympicvolunteer:20170207184635p:plain

テスト結果画面にログインしてみると・・・
72.67点!

どう表現してよいのか正直わかりませんが、全体的に厳しいのかしらとポジティブにとらえることにして、とりあえず再来週の面接テストを楽しみにしたいと思います♪

f:id:olympicvolunteer:20170207184643p:plain

ピンチ!語学テストが受けられない④

これまでのお話はこちらから

olympicvolunteer.hatenablog.com

olympicvolunteer.hatenablog.com

olympicvolunteer.hatenablog.com

 
テストは当初、2017年1月18日(金)中にとのことでしたが
いつの間にか1月31日(火)中に受けること、と変更されています。

理由はともかく、度々システムエラーが発生して
スピーキングテストが受けられなかった私としてはありがたい!

前回はMacではスピーキングテストが受けられないとわかり
スマートフォンで受けようとしたところ
何かしらのエラーが出てしまって受けられない!
再びカスタマーサポートの方に
ヘルプのメールを送ったところまで、でした。

今週になって下記の回答がやってきました。

f:id:olympicvolunteer:20170124173353p:plain

スマートフォンからテストを受ける場合も
iPhoneのSafariからではエラーが出るため
Google Chromeのアプリをダウンロードせよ、とあります。

というわけで、今度はChromeをインストール。

f:id:olympicvolunteer:20170124173219p:plain

新たにインストールしたGoogle Chromeアプリから
テスト画面にログインして
テスト時間になったら"Take the test"をクリック!

f:id:olympicvolunteer:20170124173242p:plain

無事にテストアプリが起動しました!!!
あーよかった。。。

f:id:olympicvolunteer:20170124182957p:plain


7分間のテスト時間は「あっという間」
最後の質問に至っては
回答を終える前に時間切れになってしまったのですが・・・
なんとかテストを受けられて安心しました。

テストを無事受けられたのも
カスタマーサポートの方のおかげ
多分この方達もボランティア。
お礼メールを送りました♪


f:id:olympicvolunteer:20170124173302p:plain


ここでオリンピックボランティア面接前の
語学テストの手順についておさらいします。
そして、勝手に東京五輪の際の課題についても・・・

2016年12月17日
組織委員会から語学テストについてのお知らせメール
「テストは2017年1月23日〜2月10日までに
 携帯電話かパソコンで受験していただきます」

東京五輪への課題:なし、お知らせメールを1ヶ月前にいただけるのは、心の準備だけでなく予定を立てやすいので◎

2017年1月3日
組織委員会から語学テストについての詳細メール
「このメールは韓国在住の方へのメールです
 韓国非居住者へはビデオによるテストを受けていただきます」
テスト手順についての資料が添付されていましたが
全て韓国語のみ

東京五輪への課題:ボランティア申し込み時に居住場所は入力しているので、国内在住者宛て、国外居住者宛てと送るメールを分けるのが混乱が少ないと思います。
また、作成する資料についてはよっぽどファイルサイズが大きくない限り、全て日英記載同一ファイルが好ましいと思います。

2017年1月11日
組織委員会からリマインダーメール
「テストは1月20日(金)までに終了してくださいね」

東京五輪への課題:1月3日受信のメール以後、国外居住者向けの案内なしにリマインダーメールが送られてくるとやや焦ります。これは何かの手違いでしょうか?
タスクリストやコミュニケーションプラン(いつ、誰に、どんなコミュニケーションをするか記載した計画書)を作成し、順次メールを送っていくと、手違いなども減ると思います。

2017年1月12日
筆記テストを受験。

2017年1月18日
スピーキングテストを受験。
MacbookAirからはシステムエラーで受験できず。
カスタマーサポートにメール。

2017年1月19日
カスタマーサポートから返信。
メールには英語のテスト手引書が添付
スピーキングテスト再スケジュールが可能になったので、再度受験。
iPhoneにアプリをダウンロードして受験するも、再びシステムエラー
再びカスタマーサポートにメール。

2017年1月24日
カスタマーサポートから返信。
iPhoneにGoogle Chromeアプリをダウンロードするよう指示あり。
スピーキングテスト再スケジュール後、三たび受験
テスト完了。

東京五輪への課題:送られてきたテスト手引書が不十分。手引書にはスピーキングテストプログラムがMacOSに対応していないこと、iPhoneをテストに使う場合はSafariに対応していないことの記載はありませんでした。
2016年9月のニュースによるとiPhoneユーザーは日本のスマホシェアの約半数。またパソコンよりはタブレットPCのiPadを利用するという人も少なくないです。
東京五輪の選考が行われる2018年〜19年にどうなっているかは分かりませんが、iOS対応ができるプログラムを作成するなど、対応が必要となるかもしれません。

iphone-mania.jp


今回カスタマーサポートの方の対応はとても良く
すぐに対応と返事をしてくださったので
不安を抱えながらもテストを終了することができました。
その点はとても良かったと思います。

ただ、システムやメール、手引書などの文書については課題ありです。
プログラムの性質上、スピーキングテストを受けられるのは一人のみ。
私はエラーが出てしまったので、3回分のテストスロットを消費。
カスタマーサポートの方にも手間をかけさせてしまっています。

これらの課題が改善されて
東京五輪ではスムーズにテストが受けられることを願っています!


続きのお話はこちらから

 

5rin.masae3.com

 

ピンチ!語学テストが受けられない③

これまでのお話はこちらから

 

olympicvolunteer.hatenablog.com

olympicvolunteer.hatenablog.com

 
スピーキングテストの期限まであと1日。
テストが受けられなくて
ボランティアができなかったというのは悲しい。
今日の午前中に連絡がなかったら
国際電話をしてみようかな、と考えていたら
早くも事務局から連絡がありました!

「スピーキングテストの時間を再スケジュールしました」とあります!

そして「手引書をよく読んでくださいね」とファイルが添付されていました。
そういえば、一番始めのメールにも手引書がありましたが
韓国語で書かれていたので、完全にスルーしていました(汗)

 

f:id:olympicvolunteer:20170124165243p:plainf:id:olympicvolunteer:20170124165405p:plain

こちらが手引書の1ページ目。
Windows PC以外はサポートしていないようです。
「え?あ、そういうこと・・・(汗)」

というわけでスマートフォンを使ってのテストとなります。
iOS10以上しかサポートしていないということなので
iPhoneのOSもアップグレードしての準備です。

f:id:olympicvolunteer:20170124165438p:plain

スマートフォンの場合は下記のようなアプリをダウンロードします。

f:id:olympicvolunteer:20170124171107p:plain


さて、時間になりましたので今度こそ
"Take the test"をクリック!

クリック!!

クリック!!!!


・・・何も起きません(涙)

f:id:olympicvolunteer:20170124171123p:plain



というわけで、再びメッセージを送りました。
手引書通りに操作しているにも関わらず
うまくいかないというのは、ややストレスが溜まります。。。

f:id:olympicvolunteer:20170124171810p:plain


気になる続きはこちらから

olympicvolunteer.hatenablog.com

 

ピンチ!語学テストが受けられない②

 これまでのお話はこちらから

olympicvolunteer.hatenablog.com

 
やっと声が出るようになって
テストを受けられると思った矢先
システムエラーでテストが受けられないとは!?

「うーん、これはダメ元でヘルプデスクに連絡してみるか」
確か語学テストのお知らせメールに
カスタマーサービスの連絡先があったので
まずはエラーのスクリーンショットを添付して
メールを送ってみることにしました。

olympicvolunteer.hatenablog.com

 
こちらがメールの全文

まず、時間通りにログインしたにもかかわらず
システムエラーが発生してテストが受けられなかったと説明。
そしてテストの再スケジュールが可能か質問しました。

f:id:olympicvolunteer:20170124163936p:plain

f:id:olympicvolunteer:20170124163940p:plain

ちゃんと「テスト時間には待機していましたよ」と証明するためにも
予定されていたテスト終了時間(14:00)前にメールを送信。

今日は水曜日。
今週の金曜日までにテストを終了しなければならないのですが
それまでに返事はいただけるでしょうか。。。

気になる続きはこちらから

 

olympicvolunteer.hatenablog.com

 

ピンチ!語学テストが受けられない①

これまでの記事はこちら

 

olympicvolunteer.hatenablog.com

olympicvolunteer.hatenablog.com

 

年始から風邪をひいてしまい
なんと、声が出なくなっていたのですが
ようやく復活してきました!

平昌五輪のボランティア面接に進むための英語テスト
スピーキングテストの期限が刻一刻と迫っているため
ギリギリになる前にと受けることにしました。

スピーキングテストの予約時間にパソコン前に待機
(実は20分くらい前から待機していましたが)
テスト時間はわずか7分間ですが
前後時間を入れて20分間のスロットを予約できます。
13:00に予約したのであれば13:10までの間に
"Take the test"というボタンをクリックすると
テストプログラムがスタートするようです。

f:id:olympicvolunteer:20170124161846p:plain


さて、ドキドキしながら待機すること約20分
時間になったので"Take the test"をクリックしますが、何も起きません。

「えー!」と少々(いえ、かなり)焦りながら
画面を見直すと"Important!"のところに
「テスト開始前にビデオプログラムをインストールしてください」
書かれているではありませんか!?

まだ時間はあるから大丈夫、と心を落ち着けながら
プログラムをインストールしようとしたら
韓国語の下記メッセージが・・・

エラーのようです・・・

f:id:olympicvolunteer:20170124161710p:plain
そうこうしているうちに10分が経過してしまい
ついに時間切れ。

f:id:olympicvolunteer:20170124161809p:plain


どうこうしてもテストが受けられなくなってしまいました。

筆記テストは終了しているとはいえ
スピーキングテストの点数が加点されないと
総合点に響くのは間違いありません(涙)

平昌五輪のボランティア、一体どうなってしまうの?


気になる続きはこちらから

 

olympicvolunteer.hatenablog.com