オリンピックにボランティア参加しよう!

2020年東京オリンピックにボランティア参加したい方に向けて、2016年リオオリンピックの準備、現地の様子をレポート。プロフィールはコチラhttp://5rin.masae3.com/entry/2016/09/24/171200

オリンピックボランティアにAIが?

あいかわらずブラックブラックと騒がしいオリンピックボランティア問題。実際に講演などでお会いする方はみな口をそろえて「どんな条件でもやりたい」と話していますが、参加したいと考えている方々と世論にギャップを感じます。

さて、そんな中面白いニュースが流れてきたのでシェア。

4月2日~4日に東京ビッグサイトで開催されていた「第2回AI・人工知能EXPO」で公開されたAIロボットさくらさんをボランティアの代わりに動員しては?という記事。

www.daily.co.jp

最近都内だけでなく地方のホテルでもフロントに置かれているペッパー君のように、会場にAIさくらさんを配置すれば?といった主旨なのでしょうが、ペッパー君を使っている人ってほとんど見たことありません。個人的には取り組みとしては面白いなと思います。AIじゃなくてもマルチリンガルに対応しているロボットがあれば、どんなマイナー言語を話す人が来てもへっちゃらです。

www.softbank.jp

また、マイナー言語を話す人ほどテクノロジーとは疎遠という国の人が多いのも現実。そもそもコンピューターに自国語で話しかけたら、自分が欲しい情報が得られるという認識がないのでは?と思います。そうするとホテルのフロントのペッパー君たちのように結局宝の持ち腐れになりかねないです。。。

個人的には、お掃除ロボットにタブレットPCを搭載して会場案内情報や街情報を検索できる、というのが使い勝手が自由かなぁと思います。海外旅行者で普段はパソコンやスマホを使えるけど、日本ではWiFiがないからといった人が自由に使うこともできるような。それでいて、だれも利用者がいない場合は付近のお掃除をしてくれると会場内の美化にもつながりますしね!

そんなことをつらつらと考えてしまうきっかけとなった、AIボランティアの記事のご紹介でした。

ボランティア募集要項の詳細が発表

今年1月に続き、東京2020ボランティア募集要項の詳細が大会ページで発表となりました!

f:id:olympicvolunteer:20180412141937p:plain

7月末予定の募集開始まで3ヶ月近くとなり、ベールに包まれていた全貌が少しずつ明らかになってきたというところでしょうか。今回の発表内容について少しずつ見ていきましょう。

応募を検討している人にとって最も気になるのは活動場所や仕事内容でしょうか。オリンピックボランティアの仕事は細かく分類すると数千種類に登ると言われますが、大きく分類するだけでも30くらいになります。(リオ大会ボランティア登録時分類から)

今回の発表で情報が追加されたのが活動分野と人数の目安。やはり最も多いのは案内係。こちらは会場内での案内業務が主な仕事ですが、平昌からボランティアレポートを送ってくれていた志帆さんの活躍レポートをお読みいただくと想像しやすいでしょう。

競技ボランティアは各競技団体を中心に大部分が募集されるので、一般応募からの募集はそれほど多くないかもしれません。

ヘルスケアも医師、看護士などの国家資格を持つ必要があるので、なぜここで詳細の仕事内容が案内されるのかわかりません(笑)

通訳ボランティアはアテンドに含まれているようですね!オリンピックボランティアに関するこれまでのメディア記事を見ると、通訳ボランティアが取り上げられていることが多いですが、語学ボランティアの数は1000人にも満たないのが現状です。語学力を生かしたいという方は通訳だけにこだわらずぜひアテンド、メディア、案内業務などにもチャレンジしていただきたいと思います。

f:id:olympicvolunteer:20180412142231p:plain

f:id:olympicvolunteer:20180412142249p:plain

気になる活動期間・時間と募集スケジュールは下記の通りです。こちらはこれまでと比べて特に情報量が増えているということはありませんが、研修は早いと2020年4月からスタートする可能性があるようです。特に社会人の方でボランティア参加したいという方は、2020年は期初からオリンピックイヤーになりそうだということを早めに職場の方にお伝えしておくのが良さそうですね!

f:id:olympicvolunteer:20180412144002p:plain

今回の発表ではまだ触れられていないのですが、今後おそらく追加されてくるのがテスト大会におけるボランティアでしょう。過去のオリンピックではテスト大会と呼ばれる国際大会が開催されることが多いようです。いきなり大きな国際大会としてオリンピックを開催するのではなく、競技ごとに前年までに国際大会を経験しておくというもの。

情報公開になったらもう少し細かい内容について、このブログでもお知らせしたいとは思いますがこちらもお楽しみに!

東京2020テーマカラーが決定!

オリンピックボランティアにとって気になる一つが
テーマカラーです!

2012年ロンドン大会では紫でしたが
ボランティアを含むスタッフが来ていた紫のシャツは
イギリス大手スーパーの制服と類似していると
国内では大ブーイングだったとか。

2016年リオ大会では緑でしたが
実際には緑より黄色のイメージが強かったと感じます。。。

2020年東京大会のテーマカラーは!
紅と藍色で決まったと10日に発表されました。

市民のうわさレベルでは「さくら色」と「ブルー」派が多かったカラー投票(笑)でしたが、紅と藍色で決着とは想定内でしょうか。大会ロゴも藍色ですしねっ。

この大会カラーは制服にも大いに影響を与えることになるのですが、紅と藍色というのは夏服としては若干・・・暑苦しいかと。制服スポンサーのアシックスがどのように大会カラーをデザインに取り入れていくのか楽しみですね。

尚、同時に発表されたプレスリリースでは大会ボランティアのニックネームの発表時期についても公開されました。ロンドンでは「ゲームズメーカー」と呼ばれ、マスコミ等でも大々的に使用された愛称ですが、日本では果たしてどのレベルまで広がるのかこちらの動向からも目が離せませんね!

www.sanspo.com

東京五輪聖火リレー要綱が発表!

 関連記事

5rin.masae3.com

 
平昌五輪における聖火リレーの記憶も新しい今日この頃、いよいよ東京五輪に向けて聖火リレーの方針が発表となりました。

日数:合計114日間
うち、東京都内15日間東日本震災の被災県を各3日間。

他にも復興五輪の色濃く、ギリシャはアテネから空輸で運ばれた聖火を日本国内で初点火するのは被災地で「鎮魂の火」としてくべる計画もあるなど、少しではありますが聖火リレーのプランが明らかに。

聖火リレーについてはオリンピアン、パラリンピアンをはじめとする芸能人、著名人などが有名ですが、別途聖火スポンサー企業や関連自治体が公募する一般人もリレーランナーとなることができます。

ランナーを目指す方は今後の情報にもご注目を!

www.nikkansports.com



NTT様にてオリパラボランティア講演会

f:id:olympicvolunteer:20180514113805j:plain

東京2020オリンピックの公式スポンサーであるNTT様よりお声がけいただき、グループ社員の方向けにオリンピックボランティアについての講演をさせていただきました。お休みの土曜日にもかかわらず、オリパラ研修に集まられた方の人数は200名!(当初の予定は100名)

朝からボランティア研修、既にボランティア活動に参画されている社内スタッフの方による報告を経て、トリとしてのオリンピックボランティア体験談。終日の研修にお疲れの方もいらっしゃるだろうと、気合を入れてお話させていただきました。

f:id:olympicvolunteer:20180514113813j:plain

 

ご参加いただいた方々は年齢層はやや高めのイメージでしたが、やる気と熱気は十分。固い方ばかりで、何をお話しても「シーン」だったら寂しいなぁと思って向かいましたが、ふたを開けてみるとみなさんとてもノリノリで、質問も多くしっかり笑うところでは笑ってくださる方ばかり。質問が多すぎて少し時間オーバーしてしまうほど、超大盛り上がりな講演となりました。

実は今回の講演が実現したのは、別のスポンサー企業様からご紹介いただいたのがご縁。オリパラでスポンサーになったのもご縁と、オリンピックボランティアについて理解を深めたいとお招きいただきました。中でもNTT様ではオリパラだけで終わるのではなくその先も、と様々な企画を計画されています。そんな試みについてもお伺いさせていただき、日本のリーディングカンパニーとしての気概について学ばせていただきました。

ご参加いただいたみなさま、お招きいただいた担当部署のみなさま、そしてご縁をお繋げくださったみなさま、ありがとうございました。

同様の講演は各地でも行っております。お問い合わせは下記よりご連絡ください。

【オリパラボランティア講演についてのお問い合わせ先】

multilingualclub.jp

埼玉で来月募集!オリンピック選手家族ホームステイ受け入れ

オリンピックボランティアと一口に言っても関わり方はさまざま。8万人が募集される大会ボランティア、2万人が募集される都市ボランティアをはじめ、実に多くの関わり方を通して東京2020は創られます。

今回は3つ目のボランティア枠について、情報をキャッチしたのでご紹介します。スポーツボランティアに詳しい方ならご存じ、ホームステイ受け入れです。

東京2020でもホテルが足りない問題がメディアで取り上げられておりますが、通常のスポーツ大会はホテルが少ないエリアで開催されることもしばしば。知人から聞いたのは2011年山口国体のケースでしたが、会場によっては近くにホテルがないこともあったそうです。

そんな時、地元ではホームステイの受け入れが行われるというのです。

もちろん選手や競技関係者は優先的にホテルを割り当てられ、滞在しますが、ボランティアの多くはホームステイ先を探して、大会期間中滞在するんだとか。

オリンピックでも開催都市の住民によってホームステイの受け入れは行われていて、リオでもボランティア認定者とホストファミリーをマッチングさせる、特設サイトが設けられていました。

東京オリンピックについてホームステイの話が出てこないなーと思っていたら、埼玉県がどこよりも早くホストファミリーを募集するという情報をキャッチしました。

五輪外国人選手の家族、受け入れてみませんか : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


特筆すべきなのは、このホームステイ受け入れ対象が選手家族ということ!オリンピック選手(オリンピアン)のご家族も元オリンピアンという人も多いので、スポーツにご興味があるお子さんをお持ちのご家族には良い刺激になること間違いなしです。

また募集が始まったらブログでもご紹介していきますが、埼玉県にお住いの方でご興味ある方は、下記ページを定期的にチェックしてみてください。

ボランティア登録 | 公益財団法人埼玉県国際交流協会

ドーピング検査員の募集!(再び)

 関連記事はこちら

5rin.masae3.com

 
昨年10月にも一部募集されたドーピング検査員の募集が再度スタートしました。前回の募集ではJADA(公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構)単独での募集でしたが、今回はオリパラ組織委員会と合同で募集が開始されたようです。

tokyo2020.org


ドーピング検査員とは、ドーピング検査対象となったアスリートより検体提出を受けたり、検体を管理、また検査にあたっての問診を行う役割を担います。

大会期間中は海外からのスタッフ要請も行いますが、国内スタッフ育成に向けて、今回の募集となったようです。

【募集期間】
一次募集:2018年2月28日(水)~3月30日(金)
二次募集:2018年4月6日(金)~4月30日(月)

【主な募集要項】
・年齢が20歳以上66歳以下の方
・守秘義務を遵守できる方
・長時間の歩行業務に対応できる方(2~3時間程度)
・外国人と英語でコミュニケーションがとれる方(TOEIC550点、又は同等レベル以上)

※大会で活動する為には大会組織委員会による最終選考を通過する必要があります。

f:id:olympicvolunteer:20180312142618p:plain

応募後、資格認定までの期間が最短5~6ヶ月、認定後は数回の実地経験を経て、更に東京2020大会での選考が別途行われるため、応募した人が必ず東京2020大会で採用される訳ではありません。しかし今後は2019年に向けてテスト大会として、数々の国際大会が東京近郊にて開催されるため、活躍の場は増えるのではないでしょうか。

今回の募集では、東京2020大会中の勤務は有償なのかボランティアなのかの記載はないようですが(シャペロンについての記載は別途あり)、この機会に資格にチャレンジしたいという方はドーピング検査員に応募されてみてはいかがでしょうか?

応募のページはこちら

dco.playtruejapan.jp