オリンピックにボランティア参加しよう!

2020年東京オリンピックにボランティア参加したい方に向けて、2016年リオオリンピックの準備、現地の様子をレポート。プロフィールはコチラhttps://www.facebook.com/masae.sinjo1

オリンピックボランティアの英語テスト①

東京五輪を目指す人にとって最も気になるのは・・・


「英語」


そう、英語です。

実際、ボランティアをやってみたい方のほとんどが
英語力に対する不安を口にされます。

そもそも私がリオ五輪にボランティア参加したのも
実際どのくらいの「英語力」が必要か
しっかりこの目で見てくるため、でした。

この記事は平昌五輪の選考にあたっての内容ですが
東京五輪の時もほとんど同じかよく似たステップで
英語テストを受けることになると思いますので
語学が必要な職種を選ばれる方は必見です!


年始早々、平昌五輪から英語テストについての
案内メールを受け取ったとことは
前回の記事で書きました。

olympicvolunteer.hatenablog.com

 
ここでは「韓国在住者」をターゲット、と書かれていたので
別のご案内メールが来るものと
その後アクションをしていなかったら
こんなメールが届きました。

f:id:olympicvolunteer:20170111233009p:plain

f:id:olympicvolunteer:20170111233016p:plain

f:id:olympicvolunteer:20170111233020p:plain

要約:

POCOFより、こんにちは!

すでにスタートしている言語テストの締め切りまで2週間となりましたのでおしらせします。
(1月20日の)締め切り日に近づくと、スピーキングテストの予約が取りにくくなることがあります。そのためなるべく早めの言語テスト受験をオススメします。

あれー!

というわけで、早速ログインしてまずはスピーキングテストの予約をしました。

確かに、1月20日の午後はもう既にいっぱいで予約ができません。
なかなか皆さん、ギリギリに受ける人が多いようです。

f:id:olympicvolunteer:20170111234035p:plain



私は年始より風邪っぴきで、今週は声が出ませんので
取り急ぎ来週半ばで予約しました。
予約は後から変更もできるので、具合が良くなったら
さっさと受けてしまいましょう。


続きのお話はこちらから

 

olympicvolunteer.hatenablog.com