オリンピックにボランティア参加しよう!

2020年東京オリンピックにボランティア参加したい方に向けて、2016年リオオリンピックの準備、現地の様子をレポート。プロフィールはコチラhttps://www.facebook.com/masae.sinjo1

オリンピックボランティアの面接を受ける②

 これまでのお話はこちらから

5rin.masae3.com

 
今週はいよいよ平昌五輪の面接です!

私は過去に5回の転職を経験していますが、こんなに緊張するのは初めてかもしれません。

「ブログをみましたー」と連絡くださって仲良くなった方から、面接のコツを聞いていたので、少しずつ準備しようと思いつつなかなかできてません。

外国人向けの面接は今週からスタートですが、韓国在住の人に対する面接は既にスタートしており、ブログにその結果を書いている人もいるとのことです。

面接で聞かれて答えに詰まった質問として、
平昌五輪のマスコット名とその由来
冬期オリンピック、パラリンピックの競技で好きなもの

以上2つが挙げられていました。

確かにマスコットは言われてみたら名前まで覚えていませんし、由来まではちゃんと調べないとわかりませんね。

ちなみにオリンピックマスコットはホワイトタイガーのSoohorang、パラリンピックマスコットは黒くまのBandabi。ぬいぐるみにしてもカワイイし、ステッカーやTシャツなども着てみたいです。

下記がボランティアポータルに挙げられている、SoohoranとBandabi

f:id:olympicvolunteer:20170223133627p:plain


リオ五輪のマスコットViniciousとTomは「カワイイ〜!」といった感じではなかったので、結局マスコットグッズは買わずに帰ってきてしまったのですが、現地の家族連れは買ってる人も多かったです。

f:id:olympicvolunteer:20170223140146p:plain


話がそれましたが面接です。

他には競技数、いつからイベントが始まるか、英語テストで質問にもなっていたこともあるので「韓国の文化や歴史的背景も少し復習しておいた方がいいのかな」と考えだすとキリがありません!

そんな中、面接2日前にインタビューチームからメールが来ました。

f:id:olympicvolunteer:20170223140547p:plain

面接はスカイプで行われるので、スカイプIDを教えて」と言った内容です。
登録したときに記入したつもりでしたが、確認すると書いていなかったようです。アブナイアブナイ。

いつもながらとても対応が親切で、準備バッチリな平昌五輪チームですね。ありがたいし安心します。

早速スカイプIDを返信して、引き続き面接に備えたいと思います!

気になる面接の質問は?続きはこちら

5rin.masae3.com